iPhone

【2020年版】格安SIM契約数No.1の楽天モバイル新サービスUN-LIMITを申し込んでみた。

格安SIM1位の楽天モバイル新サービスUN-LIMITとは何者?


今回もブログ読者の方からの質問にお答えします。読者Iさんから「格安SIMの契約先として楽天モバイル気になっているのですが、新サービスのUN-LIMITってなんですか?」といったもの。

先に結論から述べますが、Bamukeronはこのサービス思わず申込んじゃいました(°▽°)実は格安SIM契約済の人にこそプラスで契約して欲しいもの。

これから話す内容をブログ読者のIさんには、丁寧に返信させていただきました。もしかしたら他の人も気になってるのかも?と共有させていただくこととしました。

格安SIM1位の楽天モバイルと今話題の楽天モバイルは別物って知ってた!?


そもそも今までの楽天モバイルとこれからの楽天モバイル(
20203月〜)は全くの別物です。驚いたでしょ?

そもそも、スマホがインターネットに接続して様々なサイトが見られるのは、電波塔があるから。

この電波塔から発せられる電波を送受信して通信をしている訳です。この電波塔を建てているのが今までは3大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)だけでした。

そのため、この3社のうちのどこかの電波を借りて運営しているのが格安SIM会社の正体なんです。

自分で電波塔を持たなくていいと何がいいのかと言うと、塔を建てる費用を節約できるのはもちろんのこと、メンテナンスにかかる人件費、材料費を節約できることとなります。これがかなり大きい!だから、格安SIMは安い。

店舗を持たない会社も多いので人件費が安く済むなど、様々な観点で節約思考の高い格安SIM。この市場で登場から1年あまりでNo. 1に輝いていたのが今までの楽天モバイルでした。
格安SIMが安い理由まとめはコチラ

これからの楽天モバイルは格安SIMではない?電波塔自前で建ててます!


まさに、第4のキャリア(3大キャリアに続く一社)になるべく自分達で電波塔を建て始めました。

それが最近の楽天モバイル(20203月〜)であり、新サービスであるUN-LIMITの正体。つまり、3大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)と肩を並べます。

とはいうものの、始まったばかりのソフトバンクの初期の頃と同じで、電波が対応しているエリアが極小なんですよね^^; 

薄いピンクが提携先のauの電波が入るところ。濃いピンクだけが楽天モバイルの電波塔を使ったエリア。
対応エリア詳細はコチラ

無料で1年間外出先でインターネット使い放題が手に入る?格安SIMではない新楽天モバイルでアンリミット!

発足間もないために電波の対応エリアが悪い、LINEモバイルを契約しているのにも関わらずBamukeronは何故+αで申し込んだのか?

それは、
①今なら1年間使用料完全無料!
②申込手数料無料(厳密にはポイント還元)+解約手数料無
③楽天モバイルエリアはネット使い放題
だったから。

こんなに上手い話はありません。対応エリアを見てみると濃いピンクのエリアはほぼ都内のみ。しかし、Bamukeronは都内に出稼ぎにでてるサラリーマン。

毎日ネット使い放題のエリアに通勤している訳です。しかも、Bamukeronが利用中のスマホであるiPhone 11 Proは、デュアルスタンバイが可能。

スマホを利用する際に必要なSIMカードを2枚差し込むことができ、どちらの会社の通信も使うことができてしまうのです!!Bamukeronの場合は、LINEモバイルと楽天モバイル。

少し補足ですが、SIMカードとはそのスマホが誰のものなのか、誰が使っているのか、特定するためのICチップのことをいいます。これが、入っていないスマホはありませんし、これがあるから電波をキャッチできるような仕組みになっています。
SIMカードとは?

そして、デュアルスタンバイとはこのSIMカードなるものが一つのスマホに2枚差し込むことができ(2020年3月現在で最近のスマホ以外はシングルスタンバイ)、2つそれぞれの会社の電波が使いたい時に使うことができる仕組みです。

例えば、2枚のカードがBamukeronのようにLINEモバイルと楽天モバイルであったとしたら、スマホの画面でどちらの電波を使うか選ぶことができます。
デュアルスタンバイとは?
2020年3月現在デュアルスタンバイ対応スマホ一覧

LINEモバイルではほぼ日本全国のエリアでインターネットが3GB/月 まで利用でき、都内では楽天モバイルでインターネット使い放題となるわけです。都内であれば、Youtube、Amazonプライムなど、動画サービスも見放題となるはずなので、今から楽しみです。
Bamukeron契約中1480円/月LINEモバイル!

格安SIM知識ゼロの育児パパでもできました。まとめ!


格安
SIM1位だった楽天モバイルはもういません。おそらく、格安SIM初心者の方の中には検討先の一つとしてみていたのではないでしょうか?

今からでも遅くありません。格安SIMで探しているのなら、他社にして下さい。契約してしまったが最後、地方に旅行になんかいったら全くインターネットが繋がらず目も当てられませんよ(笑)

そして、格安SIM契約済みの方や、これから格安SIMを契約する方にはBamukeronと同じく+αで是非契約の選択肢としてみてはいかがでしょうか?

念のため言っておきますが、ここだけの話、楽天モバイルとしては非公式の話らしいです。本当はiPhoneでの利用はできないと謳っています。楽天モバイルの販売している機種のみで使ってくれと。。。

でも、既に実際に使われている方の口コミや楽天モバイルの店員さんに直接話を聞くとiPhoneでも使えることを教えてくれてます。

では、何故非公式なのか?

きっと、Appleや他のキャリアからの圧力や大人の事情があって、公にできないんでしょうね。日本っぽいですが。

Bamukeronは新規で申し込み(MNPではなく新規電話番号発行)を行い、デュアルスタンバイで利用し、1年後電波の普及状況を確認した後、MNPを視野に入れてお試しの目的も含んで契約しています。

エリアさえ拡大すれば、インターネット使い放題で3,000/月と非常に良いサービスだからです。3大キャリアだと間違いなく8,000/月は超えてきます。

しかも、使い放題ではなく50GB等です。対応するエリアさえ拡張してくれれば、間違いなくお得なんですが(^^;;

ちなみに楽天モバイルのプランはUN-LIMITの現在1つしかないため、迷うこともないと思います。

今の時代はネットがありますし、知らないと損することが沢山あります。その一つが格安SIMだとBamukeronはこのブログを始めました。

一人でも多くの方が、適切な利用と適切な支払いになり、節約して自分へのご褒美、子供へのご褒美など、幸せなことにお金を使えるようになっていただければこんなに嬉しいことはありません。
楽天モバイル 

 

1480円/月LINEモバイル申込はこちら

スマホ節約個別コンサルはこちら

ブログ「スマホ節約するならこんなふうに。」
 発行者:Bamukeron

初めての方へ
スマホ節約事例
個別のコンサルティング
「確実に損したくない人」のための格安スマホ厳選2社のご紹介