疑問質問

【2020年版】ネズミ講が出現?格安SIM人気の裏に潜むネットワークビジネスの光と影!?

30代2児の育児パパ。皆さんの家計の負担を軽くしたい!そんな思いでブログに育児に仕事に毎日奮闘中。他の人よりほんの少しだけ節約志向の高いBamukeronです。

格安SIMは仮想通貨の詐欺案件と一緒?

先日ブログ読者の方にお問い合わせをいただきました。その内容がなんともびっくりだったので、皆様にもお伝え致します。

ブログ読者Sさん
「すいません。友達からペンギンモバイルの話がきたのですが怪しい感じなのでエックスモバイルにしたいと思います。ペンギンモバイルはねずみ講のようですが……。」

ネズミ講やネットワークビジネスを知らない方はこちら

ネズミ講やネットワークビジネス概要をサクッと知りたい方はこちら

私はこの質問を受け、ペンギンモバイルを調査しました。その結果” 本当にネズミ講 ”でした!

これから契約を勧められたら全て断ってください。真っ当な会社ではありません。料金だけで見ても他の格安SIMの中でも高いです。

特に信頼していた友達からの誘いは要注意です。こういう勧誘や詐欺に引っかかる方の殆どが” 信頼していた人からの紹介 “で騙されています。

ちなみにこの後Sさんへは私の調査の結果ネズミ講である可能性が高い事を伝え、エックスモバイルに何故したいのか?を確認。

同時に利用用途に応じた最適な格安SIM会社を提案したいため、いくつかヒアリング内容をお送りました。

この手の話は少し前だと” 仮想通貨(ビットコイン等) “でも良くありました。

新しい技術且つ一般の人に少し分かりづらい用語や仕組みがでてくるとすぐネズミ講やネットワークビジネスの話が活発化します。

それだけ皆んなお金が欲しいんですよね?まぁ、生活するには仕方のないことですが、人を騙す(厳密に言えばグレー)行為を犯してまで手に入れるお金って気持ちがいいのでしょうか?少なくとも私には理解ができません。

ブログ読者の皆様はペンギンモバイルの紹介がきたらくれぐれも契約しないようにご注意下さい!

特に信頼している方(友人など)からの紹介が一番危険です。人は信頼している人からの紹介は全然疑いません。
信頼できる人は投資案件の勧誘をしない。

格安SIM契約者数が遂に1405万人突破!安さだけではない安心の仕組み。デメリットを理解して契約を!


総務省発表!格安SIM契約者数2018年。
MM総研発表!格安SIM契約者数2019年。

先に説明したネズミ講やネットワークビジネス。これらは、新しい話だというだけでは始まりません。

必ずその裏には” 流行っているか?人気があるか? “が存在しなければなりません。

総務省のデータからもわかるように格安SIMは、2018年で1130万人まで契約数が伸びました。2019年は1405万人。おそらくこれからもどんどん伸びていくでしょう。

その理由は、言うまでもなく安さ!3大キャリア(ドコモ、au、ソフトバンク)と比べれば価格差は一目瞭然。これからは、楽天モバイルもキャリア化したので価格競争が楽しみですが。

なぜ、皆んな乗り換えられないのか?

私が自身で乗り換えを行ってみて問題が浮き彫りになってきました。

おそらく、以下の2点に集約されます。

  • 現契約の見直しが面倒
  • 格安SIMって怪しい

これらは全て解決できます。

これらの誤解を解き、安くスマホ代を使える方が増えることを願ってこのブログを開設しました。

3大キャリアの契約も解約違約金が気になり乗り換えられない!だと言う方が非常に多いのではないでしょうか?

これ、実は今契約違約金は各社1000円程度。2019年10月頃から総務省の圧力により3大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク)が一斉に。すぐ格安SIMに乗り換えたとしても安くなってしまいます。昔より格安SIMへの壁はグッと下がっています。

知っていましたか?

ここまで読んで、それでも尚「興味がある」「乗り換えて他のことにお金を使いたい」という方がいましたら是非、お問い合わせください。Bamukeronが全力でサポートします!

 

 

 

ブログ「スマホ節約するならこんなふうに。」
 発行者:Bamukeron

初めての方へ
スマホ節約事例
個別のコンサルティング
「確実に損したくない人」のための格安スマホ厳選2社のご紹介